APU(立命館アジア太平洋大学)でTKTを実施しました

去る8月6日、大分県別府市のAPU(立命館アジア太平洋大学)で、TESOL(英語教授法)クラスを受講している学生さんを対象にTKT(英語教育能力評価テスト)実施しました。

TKTは、英語を母国語としない生徒に英語を教える能力の資格の第一歩となるものです。TKTは、英語指導経験の有無などキャリアに関わらずどなたでも受験することができます。現役の英語教師の先生方はもちろんことと、教師を目指す方々にも理想的な試験です。
詳しくは、こちらでご覧下さい。
(受験のための英語力の目安はTOEIC550以上)